勉強するのは何のため? 同調ではない自分の意見を認識し、自信を持って行動するために


さいきん、自分は何のために勉強をするのだろうかと考えて、こんな結論に至りました。

こんばんは。大宮わさびです。

勉強するのは何のため? 同調ではない自分の意見を認識し、自信を持って行動するために


大人になると、仕事が忙しくて、勉強する時間なんて無いと思っていました。

いまだと、子育てが忙しくて、勉強する時間なんて無い。子育てと家事だけで精一杯。

でも、新しく勉強すると決めて、ひとつずつ目の前にある問題を解決してみると、時間を作るのは難しいことじゃないと気づきました。


学生のころみたいに、決まった時間、たとえば朝9時からスタートして、お昼休憩、そのあと5時まで勉強。って予定を立てると、失敗します。

そんな感じで、息子が寝た時間に勉強しようーと、決めたら、失敗しました。いつ息子が起きて、予定が中断されるか分からない状況。そわそわしながら本を読んでも、頭に内容が入ってこない。だめだ、勉強なんてやってる場合じゃないと諦めたのです。


ところが。

わたしは本を読むこと、勉強するのが好き、それが趣味である生き方をしてきたので、毎日、何も学ぶことなく流れるままの日々を過ごすことが、とってもストレスになりました。

なにか学びたい。もぞもぞ。

じゃあ、途中で中断されない方法で本を読んだら良いかも。作業を小分けにしたら、ゆったりした気持ちで勉強できるかも!

と気づき、一区切り1時間の勉強時間を、5分で終わる方法に組み替えることにしました。

息子が寝ているときなど、5分ごとの区切りであれば、どの時点で起きても、すぐに気持ちを切り替えられます。

寝るまえに、ちょっと勉強したり、息子がおもちゃに夢中になっているときに、横で本を読んだり。

いまのところ、新しい学び作戦は成功し、以前ほどではないけれど、毎日新しい学びをゲットしています。


勉強するのは何のためかなあと考えてみると、自分の考えを認識するために行うのかなあと思います。

みんながどう思っているかじゃなくて、自分がどう思っているか、自分の中で作りあげる作業をするための準備が勉強かなあと。

知らないことは不安になるし、みんなと一緒の意見に同調しがちです。

わたしは、問題について無知で過ごし、とりあえず同調した意見に違和感を覚え、もやもやした気持ちになったことがあります。

そのとき、勉強して、情報を知り、自分が本当に良いと感じる考えを認識することが大事なんだと感じました。

勉強すると、たとえまわりと同じ意見になったとしても、考えた結果だから、同調とは異なると感じます。

なにより、自分が自信を持って、考えを貫ける。


考えることをしない毎日が、わたしは苦手です。考え、悩み続ける日々を送りたい。

となると、わたしの趣味は「悩むこと」かもしれません。

悩んで、悩んで、答えが出たときの爽快感が、わたしは好きです。

明日も張り切って、悩むぞー!


ちなみに、いま悩んでいることは、新幹線のチケット予約です。

夫が一緒にやってくれることになっています。夫は慣れているので、あいよーって感じなのですが、わたしは慣れていないので、いけるの? いけるの? 間に合うの? と、そわそわしています。

勉強会に参加するため、東京へ行くのです。1人で。

おひとりさま(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

息子を夫に預けておくのも気になるし、勉強会の予習も気になるし、新幹線にちゃんと乗れるかも気になるし。

そわそわしてます。


株式投資の勉強もしたいけど、まずは、仕事の勉強会からです。

子どもが産まれて、いままでと同じ働き方ではいずれ困る、持続可能な仕事じゃないと気づきました。

だから、息子が幼稚園入るまでに、基本的な知識を補強したいです。いきなり仕事は増えないし、変えられない。

いまは余裕な時間がたくさんあるわけじゃないですが、未来の自分に貴重な時間を投資したいです。

がんばろう。近くのことから、コツコツと。 未来の悩みは、未来のわたしに任せて、いまを生きるのだ!


ほな、また(・∀・)よしなに!




株式投資に関する無料サイト

■勝ち株ナビ今週の急騰銘柄を無料公開!

■常勝株ジャーナル圧倒的な投資情報力!注目銘柄を無料公開!


にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わさび

Author:わさび
株式投資初心者
2017年11月より開始
27歳京都で暮らす

家族
先輩株式投資家の夫
息子0歳

好きな有名人
稲盛和夫(京セラ創業者)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お知らせ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: